• トップ
  • >
  • 【ペット可・犬同伴OK】カフェやレストラン等のお店でのマナー

【ペット可・犬同伴OK】カフェやレストラン等のお店でのマナー

わんちゃんを迎えると、一緒におでかけしたくなりますよね。

「ペットと一緒」は、そんな飼い主様へ、ペット同伴可能でおでかけできるカフェやレストランなどの飲食店など、様々な施設をご紹介するメディアです。

最近では、色々なお店がペット同伴可能になり、私達ペットオーナーも我が子と一緒に色々な場所で楽しむことができるようになってきました。しかしながら、残念ですが、ごく一部のマナーを守られない方々のために、ペット同伴可能であったお店も同伴不可にせざるを得なくなったお店も増えて来ています。

本ページでは、ペット同伴可能なお店・施設に出かけるにあたり、どんなルールがあるのか、どんなことを守ればいいのかをお知らせしています。ペットOKのお店は、ペット同伴を推奨しているお店もあればそうでないお店もあり、お店のご厚意で皆さんが楽しめるようにと許可下さっているお店も多くございます。

また、ペット同伴可能のお店でも、そのお店に来られる全てのお客様がペットが好きなわけではありません。犬や猫など動物が苦手なお客様も中にはもちろんいらっしゃいます。

そのような一般のお客様やお店側に迷惑がかからないように、お店が決められているルールを守るのはもちろんのこと、ちょっとした気遣いや配慮で互いに気持ちよくお店を利用できればと思い、本ページを設けさせて頂きました。

【ペットOKのお店を利用する際のマナー】

<①事前確認>
ペット同伴で出かける場合、「ペットと一緒」に掲載されているお店であっても、必ずお店側に問い合わせや予約を行い、その際ペット同伴である旨を伝えましょう。

本サイトに掲載されていても、掲載後同伴不可になってしまうことも考えられますし、同伴できるわんちゃんの大きさ(大型犬は不可等)、頭数制限を設けておられるお店もあります。


また、ペットカートの乗り入れを禁止しているお店もありますので、カート使用の場合はその旨も必ずお店側に伝えて確認をとるようお願い致します。

<②衣服>
ペットに洋服を着せましょう男の子はマナーバンド、女の子はマナーパンツを装着させるのが望ましいです。一般のお客様で特にペットが苦手なお客様は毛が飛び散るのを非常に不快に思われる場合がございます。

これらを装着することは他のお客様に対して安心していただくという配慮にもなります。本ページで紹介させて頂いているお店は、ほとんどが飲食店ですので、毛の飛び散り防止にご協力をお願い致します。入店前にブラッシングをしておく等をオススメします。

<③ヒート・避妊>
未避妊のペット、ヒート中のペットはお店を利用しないようご注意頂きますようお願い致します。特に発情期中の雌犬はフェロモンを発し雄犬を興奮させる場合があります。

<④リード・マット>
ドッグカフェでは、リードフリーにしてくださっているお店もありますが、一般の飲食店では、通常リードフリーは不可です。
また、地面を歩かせる、椅子に座らせることも禁止なさっているお店もあります。必ず事前に確認をし、必要であればカフェマット等をご持参頂くようお願い致します。(肛門部分が直接椅子に付くことになりますので、不潔に思われることもあります。)

<⑤食器>
人用の食器やグラスは、絶対に犬に使用してはいけません。
ワンちゃん用のお水のサービスがあるお店では、決まった食器のみを使わせていただき、そのようなサービスが無い場合は、お水やお皿を持参して頂くようお願い致します。

<⑥テーブル>
わんちゃんの前足をテーブルに付けないようにしましょう。美味しい料理がテーブルの上に並ぶと、わんちゃんたちは匂いにつられて、ついついテーブルに前足をかけて乗り出そうとしてしまいます。
これも人が土足でテーブルの上にあがるのと同じような行為ですので、やめさせましょう。

<⑦鳴き声>
わんちゃんが吠えてしまったら、速やかに辞めさせ、吠えるのを辞めない場合は一旦外に連れ出すなどして、周りに配慮しましょう。
わんちゃんの鳴き声は騒音と感じられるお客様が多いです。1頭が鳴き出すとつられて鳴く子も多いので、注意して辞めさせましょう。

<⑧排泄>
お店の中ではペットシートを敷いても排泄をさせてはいけません。お店に入る前に必ず排泄させましょう。
またその際も、近隣にご迷惑にならないよう、排泄物を持ち帰るのは当然のこと、尿に対してもお水をかけるなど対策をとりましょう。お店によってはトイレを設置してくれているところもありますが、決まった場所で排泄させるようにしましょう。

これらのことを守って、楽しく快適に愛犬とおでかけを楽しみましょう。

他のお客様のご愛犬とのトラブルには十分注意しましょう。トラブルが起きた場合、基本的には飼い主の責任となります。ご自身のご愛犬はご自身で守りましょう。

お帰りの際は、お店にひとこと感謝の気持ちを伝えるとお互いに気持ちいい時間を過ごせますね!